仮面ライダーエグゼイド 第2話感想

 

f:id:kamesan555:20161013223356p:plain

アメリカ帰りの天才外科医はRPGライダーだった!

 

食い違う2人の価値観、そして謎のライダーも!?

 

 

 

OPスタート

 

というわけで今回は仮面ライダーエグゼイド第2話「天才2人はno thank you ?」の感想を書いていきたいと思います。

 

 

まず最初に絶対声を大にして言いたいのは「オープニングが始まった」。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

人気アーティストの三浦大知さんが歌う主題歌「EXCITE」にあわせて、サイバー空間のような世界で仮面ライダーたちが画面狭しと動き回るのはすごく圧巻でした。

 

 

こんなかっこよくてスタイリッシュなオープニングを毎週見られるなんてそれだけでも楽しみが増えたってもんですよ。

 

 

 

天才で甘党のスーパー外科医

 

今回は「俺に斬れないものはない」と自負する天才外科医「鏡飛彩」がメインの話でした。

 

アメリカの大学に通い医学の知識と技術を身に着けたまさに天才で、某フリーの医者よろしく「失敗しない」らしい。

 

 

基本的に患者には干渉せず私情を挟まないスタンスを取り、仕事の合間にスイーツを食し糖分補給している。

 

ここまで言うとただの甘党のかっこつけのように聞こえますが、その言葉は決して偽りではなく、敵の能力に合わせて戦略や戦法を切り替えたり、「バグスターを患者から分離するのはレベル1でないとできない」などゲーマドライバーの性能を隅々まで理解していたり、極めつけは武器である伝説の剣ことガシャコンソードを「メス」と呼ぶなどまさにプロ。

 

 

そんな彼が変身するのが仮面ライダーブレイブ」

 

 

剣と魔法のRPG「タドルクエスト」のガシャットで変身する西洋の騎士のような姿のライダー。

 

やはりRPGといえば西洋ファンタジーという見た目ですねw ご丁寧に左手には小型の盾を装備してらっしゃる。

 

 

これまたRPGらしくゲームエリアに現れた伝説の剣「ガシャコンソード」を使って戦います。

 

ゲームエリアに現れたのは宝箱。 前回のチョコブロックと同様に開ければアイテムがゲットできます。

 

 

研修医と天才外科医はなぜ相容れないのか

 

小児科の研修医で、しかも仮面ライダーとしてもまだまだアマチュアな宝生永夢とは何かと対照的で、2人のドクターの価値観の違いがメインテーマとして描かれていました。

 

私なりの見解としてはどちらの言い分も正しい部分もあるし間違っている部分もあります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

永夢はとにかく積極的に患者のそばに寄り添いただ症状を完治させるだけでなく心も満足させることを信条としています。

 

お互いの心が触れ合うので医師と患者の深い信頼関係を築くことができるのですが、私情を挟んでしまいがちなので今回のように感情的な迷いが生じてしまうことがあります。

 

 

一方の飛彩はとにかく完璧な手術を行いミスなく治療することを信条にしているプロ意識の塊。

 

治療や手術の際には私情を挟むことは一切なく患者の様子をチラ見することすらなく一切かかわらないというスタンスを貫く

 

 

仕事に関しては一切感情的にならず、自分に斬れないものはないと豪語する自信過剰なプロフェッショナルですが、関わりすぎはないにしろまったく関わらないのはそれはそれで問題ありなような気がします。

 

 

実際永夢も16年前に入院した時も執刀医とのコミュニケーションが命が救われた瞬間として今でも脳裏に焼き付いているわけですし、その上「バグスターはストレスにより免疫が低下すると感染しやすくなる」という仮説が立っているため患者の心のケアも大事になってくると思います。

 

 

それからゲームスキルについてですが、永夢は天才ゲーマーなので一度仮面ライダーに変身するとゲームを攻略するがごとく地の利を生かしアイテムをゲットして敵を倒しています。

 

一方の飛彩はゲームには一切の興味を抱いていないため知識は皆無。 ゲームエリアに出現したアイテムには見向きもせず、ただひたすらバグスターを除去するためだけに行動しているイメージを受けました。

 

 

何から何まで相反する2人。 永夢は自分のプレイスタイルが正しいことを飛彩に証明するためCRに残ることを決意。

 

この2人の気持ちのすれちがい&共闘がエグゼイドのストーリーの軸の1つになりそうです。 果たしてどうなる?

 

 

乱入!漆黒のエグゼイド

 

そしてエグゼイドとブレイブの前に現れた、黒いライダー、ゲンム

 

ゴースト終盤からライダーたちをかき乱し続けているゲンムついにエグゼイド本編に登場。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

レベル1とはいえ2人のライダーを圧倒し力の差を見せつけましたが、あいつはいったい何者なのでしょうか?

 

 

以前別記事で書いたように幻夢コーポレーションの社長檀黎斗、バグスターの幹部グラファイトorパラドのいずれかが変身者である可能性があると予想しています。

 

特にパラドは、今回「挨拶ぐらいしておこうか」というセリフもあってゲンムの変身者予想の最有力候補になっています。

 

龍騎や鎧武と同様にライダーバトルが主流になりうるエグゼイド。 ドクター同士の信念のぶつかり合いのほかにそれぞれの陣営の仮面ライダーたちの戦いにも注目していきましょう。

 

 

おわりに

 

というわけで仮面ライダーエグゼイドの感想をまとめました。

 

2人目のライダーが登場したことでドクター同士のバトルが勃発。 OPもスタートしたことですし、ここから本当の意味で仮面ライダーエグゼイドの物語が始まるといっても過言ではないと感じました。

 

 

次回、3人目の仮面ライダーが登場!

 

モチーフはシューティング、そして変身者はいわくつきの闇医者!?

 

 

本日はここまで! 

 

See you Next Game !

 

第1話感想

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

第3話感想

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

 

 

今年のMOVIE大戦の情報はこちら

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

仮面ライダーエグゼイドの仮説

 

 

kamesan555.hatenablog.com