キュウレンジャー ジャークマターのダイカーンetc.まとめ Part 2

 

f:id:kamesan555:20161228225558p:plain

 

 

どうも、今日ドラクエ11購入して遊んでテンションMAXなカメさんです。

 

プレイ日記を書くかどうかは分かりませんが、一通り遊んでみたら感想を書くつもりです。

 

 

今回は久しぶりのジャークマターの怪人まとめ。 相変わらず文章が長い上に下手くそですが最期まで読んでいただけると幸いです。

 

 

マモリツヨインダベー

メガツヨインダベー

メシウバインダベー

メッチャツヨインダベー

ムッチャツヨインダベー

 

役職:ダイカーン(惑星チキュウ担当)

 

出身:ジャークマターラボ

 

UMAモチーフ:フラットウッズモンスター

 

 

チキュウの5か所に、星を描くようにモライマーズを設置しているホシガタ地区を統治しているダイカーン。

 

マモリツヨインダベーは防御力、メガツヨインダベーは腕力をアップさせている。

 

メシウバインダベーは人々から食べ物を奪う圧政で苦しめていた。

 

メッチャツヨインダベー&ムッチャツヨインダベーは、ぶっちゃけ今までと変わらない。

 

キュウレンジャー「スターダスト作戦」によりそれぞれ撃破された。

 

 

余談だがダイカーンに就任しているツヨインダベーはみな名前がローマ字の「M」で始まり、Mマークの付いた装飾品を身に付けている。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

モズマ

 

役職:ダイカーン(惑星チキュウ担当)

 

出身:わし座系惑星ガ

 

UMAモチーフ:モスマン

 

長い腕が特徴のダイカーン。

 

クロサイズの自身の分身のような「アヤツリンプン」を乗り物に付着させ、自身の思い通りに操る能力を持つ。

 

この能力を利用し、キュウレンオーとの巨大戦で敗北し逃走したふりをしてキュウボイジャーにアヤツリンプンを付着させ、それを母艦オリオン号に付着させる。

 

これによりオリオン号を暴走させ太陽に突っ込ませることにより、オリオン号もろともキュウレンジャーを壊滅させるという恐ろしい作戦を実行した。

 

もしこの作戦が成功していたら、ドン・アルマゲにその功績を認められワシ座系カローに就任していたかもしれない。

 

 

公式サイトによればアヤツリンプンでチキュウの乗り物を暴走させる圧政を行っていたそうだが、本編を見る限りではそのような描写はない。

 

 

UMAモチーフはモスマン

 

1966年~67年にかけてアメリカウエスバージニア州ポイント・プレザントのオハイオ渓谷周辺で目撃情報が多発

 

体長はおよそ2メートルほどで、茶色の体毛に顔とも頭ともつかない部分に赤く光る目を持つ。

 

腕がない代わりに翼が生えており、首から上の無く胸に目がある大男のような奇妙なシルエット。

 

 

目撃された当時は同エリアでUFOの目撃情報も多数報告されていたため、正体はエイリアンのペット説が有力

 

 

 

イカーゲン

 

役職:刺客(キュウレンジャー担当)

 

出身:南十字座系惑星クリスタルイカル

 

UMAモチーフ:クリスタルスカル

 

 

ドン・アルマゲが打倒キュウレンジャーのためにチキュウに送り込んだ刺客

 

相方のマーダッコと共に1,000を超える惑星を滅ぼした実力者で、若き日のショウ・ロンポーを敗北に追い込んだことがある。

 

その名の通りイカがモチーフで、言葉に「イカ」をまじえて話す癖がある。

 

武器は柳葉刀「ゲソードライフル」で、持ち手を変えることで銃としても使用可能なほか、墨を空中に吐いて機会をショートさせるゲリラ酸性雨を降らせる能力も持つ。

 

しかしそれ以上にも脅威といえるのが、異常に発達した視覚器官である。

 

イカーゲンは体中に無数の目を持ち、青い水晶ドクロのようなパーツやイカの吸盤にあたる部分がそれにあたる。

 

このためイカーゲンに死角は無いに等しく、どこから攻撃を仕掛けてこようともあたかも予知能力を持っているかのように容易くかわしてしまう。

 

 

UMAモチーフはインディー・ジョーンズでおなじみ水晶ドクロ(クリスタルスカル

 

マヤ文明の遺跡やメキシコの山中など世界各地で発見されている有名なオーパーツ

 

しかし機械での加工の跡が残っているなどの理由で、偽物疑惑がかけられているものもある。

 

 

マーダッコ

 

役職:刺客(キュウレンジャー担当)

 

出身:?

 

UMAモチーフ:?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

イカーゲンと共にチキュウに派遣された刺客。

 

こちらはタコをモチーフとしており、爪楊枝が刺さったたこ焼きのようなモーニングスター(鉄球)とタコつぼ型の光線銃が武器

 

タコ怪人らしく再生能力を持ち、体の一部さえ残っていれば何度でも復活することができる。 本体が無事ならば切り落とされた部位を操ることさえも可能。

 

また本体が倒されても残された破片から復活が可能だが、そのたびに性格が変わってしまうというこれまでにない特徴を持つ。

 

 

性格の変化は以下の通り。

 

ヤンキー風→女性秘書風→エロいお姉さん風→宝塚風→オタク風→?

 

 

Space 25でテッチュウと共に倒されて以来全く音沙汰がない。 復活の機会はあるのだろうか…?

 

 

 

モンドムヨインダベー

 

役職:ダイカーン(惑星チキュウ担当)

 

出身:ジャークマターラボ

 

UMAモチーフ:フラットウッズモンスター

 

 

惑星チキュウの統治を担当しているダイカーン。

 

相手の要求を聞くだけ聞いておいて、すべて問答無用で却下する圧政を敷いていた。

 

しかしチキュウにやってきたさそり座系カロー「スコルピオ」によって毒を注入されてゾンビ化し、周囲の人物に毒を感染させられたちょっとだけ哀れな奴。

 

 

ユーテルジャン

 

役職:ダイカーン(惑星チキュウ担当)

 

出身:おうし座系惑星キャトルミ

 

UMAモチーフ:キャトルミューティレーション

 

 

惑星チキュウの統治を担当しているダイカーン。

 

統治エリア内のチキュウ人のぜいたく(カップルでおいしいスイーツを食べる、おしゃれする、回転ずしで金の皿を取る etc.)を禁じる「ぜいたく禁止令」による圧政で苦しめていた。

 

禁止令を違反した者に対しては自身の持つリモコンの「トラクタービーム」でモライマーズ内の牢獄に閉じ込めていた。

 

人民にぜいたくを禁じておきながら、自身は「ぜいたくヘブン宇宙竜宮城」でぜいたく三昧を楽しんでいた。

 

また女好き(女装でも可)な一面もあり、女性が絡むと上機嫌になり、何らかの事情で男性だけになると急に不機嫌になる。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

UMAモチーフはキャトルミューティレーション

 

キャトルミューティレーションとは牛などの家畜をはじめとする動物が目、下、臓器などの体の部位を切り取られ、血を一滴残らず抜かれている怪奇現象

 

切り口はまるで電気メスで斬られたかのように鋭利で、しかも血痕が一切残されていない

 

このような怪奇現象が発生したため「宇宙人がUFOに乗って家畜をさらい、解剖手術を行った挙句に残った体を投げ捨てたのでは?」という噂が広まった。

 

 

一説によれば、野生生物の捕食かアメリカ軍の秘密実験ではないかといわれているが、真相は不明。

 

 

 

なんてこった…このシリーズは伝説に残るくらい長く続きそうだからPart 3に続くぜ!

 

 

 

 

 


 

 

 

 

Part 3

 

Coming Soon !

 

 

 

 

Part 1

 

kamesan555.hatenablog.com