読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スティッチのイトコ(試作品)まとめてみたよ!

 

f:id:kamesan555:20161228225558p:plain

 

ミッキーやドナルドと並ぶディズニー映画の青い人気者と言えば、スティッチ。

 

スティッチがスクリーンデビューして10年以上たった今もなお根強い人気を誇るスティッチですが、そんなスティッチに「イトコ」と呼ばれる数多くの試作品がいることをご存知でしょうか?

 

 

 

イトコとは

 

自称悪の天才科学者であるジャンバ・ジュキューバ博士遺伝子操作によって生み出した試作品たちのこと。

 

それぞれが個性的な外見と能力を持ち、普段はカプセルで封印されているが水に触れると解放される。

 

リロ・アンド・スティッチ ザ・ムービーにて、いとこたちのカプセルがハワイ中に散らばり、ザ・ムービーや後日談にあたるテレビシリーズ「リロ・アンド・スティッチ ザ・シリーズ」にてリロやスティッチがカプセルの回収、および彼らに合った居場所を探すことになる。

 

626号がのちにスティッチと呼ばれるように、元々は番号で呼ばれていただけでニックネームはリロたちがつけたもの。

 

真の意味で悪の科学者であるハムスターヴィール博士は、試作品を自身の支配計画に利用しようと付け狙う。

 

 今回はそんなイトコたちを一覧にまとめてみましたのでご覧ください。

 

ただ、数が多いので少しずつ更新していきたいと思います。 あしからず。

 

それから英語名のスペルは日本語名から予測してつけているので間違っている可能性があります。

 

一覧

 

001~100

 

 

001 シュリンク(Shrink)

 

物のサイズを自由自在に変えることができる。

 

体のどこかにサイズ変更のためのダイヤルがあり、手動で切り替えているらしい。

 

縮小光線を2回当てると元のサイズに戻る

 

名前は「縮む」という意味の「Shrink」から。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

002 ダブルディップ(Doubledip)

 

スティッチにネズミのような細い尻尾をつけたような外見の試作品。

 

大きな舌で物を舐め、戻す能力を持つ。

 

その見てくれと能力の通りキャンディが好物

 

現在はハセガワさんの家に住んでいる。

 

 

007 ジジ(Zizi ?)

 

シーズー犬のような外見で、その見てくれ通り犬のような鳴き声をあげるが普通に言葉もしゃべれる

 

お座り、伏せ。 とにかく大声で泣きまくり周囲の人物をイライラさせる

 

 

009 ポップ(Pop)

 

色とりどりの風船で作ったおさるさんのような外見の試作品。

 

尻尾の先端についている風船を膨らませ、割ることができる。

 

プリプリ」と鳴く。 かわいい。

 

 

010 フィリックス(Felix)

 

ゾウのような長い鼻が特徴の試作品。

 

反射的に掃除、整理整頓するようにプログラミングされており、長い鼻は掃除機、尻尾は箒になっている。

 

プログラムを改変され、現在ガントゥの基地に幽閉されている。

 

 

014 カーネル(Colonel ?)

 

ツボのように巨大な頭部を持つ試作品。

 

ポップコーンを作ることが得意。 どちらかといえば夢の国にいてほしいイトコですね。

 

 

020 スリック(Slick)

 

帽子と蝶ネクタイがトレードマークの試作品。

 

ジャンバが研究の資金調達のために生み出した試作品で、何でも売ることができるセールスマン

 

とにかく売れるものは何でも売ろうとするため、人によっては迷惑をこうむることもある。

 

現在は自身が経営するお店でセールスマンをやっている。

 

名前の「Slick」は、口が巧いという意味。

 

 

021 ブラッグ(Brag ?)

 

アメリカではナンバー145番

 

 

元々は筋骨隆々とした醜い姿だったが、スティッチ!」(日本で放送されたテレビシリーズ)にてハムスターヴィール博士が改造に改造を重ね、黄色いウサギのようなかわいらしい姿になった。

 

自身の人気が上がれば上がるほど強化されるが、逆に人気が下がると弱体化してしまう。

 

ハーモニカとフルートが得意。

 

 

 

022 ヘルツドーナッツ(Hertz Donuts ?)

 

目つきの悪い緑色のタツノオトシゴのような姿の試作品。

 

「ドーナツ食べる?」と言いながらドーナツ型のリングを口から飛ばし相手を拘束する。

 

 

025 トッパー(Topper ?)

 

黄色い星型の試作品で、カラフルに光り輝くことで地球からでも宇宙に信号を送ることができる。

 

再就職先はクリスマスツリーのてっぺんの星飾り

 

 

029 チェッカーズ(Checkers)

 

黄色い芋虫のような姿の試作品。

 

彼が頭上に乗ると、乗せられた人は王様のように扱われる。 ただしほかの試作品には効果がない

 

スティッチ!」では、すべてハムスターヴィール博士の思い通りに動くよう改造された。

 

 

031 ガッチャ(Gotcha)

 

カニのようなはさみを持つ試作品。

 

4本のはさみで相手をつねり、素早くにげるいたずら者。

 

現在はハセガワさんの家に住んでいる。

 

 

032 フィバー()

 

大小4つの耳を持つ、オレンジ色の体の試作品。

 

噓発見器機能を持っており、誰かが嘘をついていると分かると頭が光り、ブザーのようにうるさく鳴く

 

 

033 ハンマーフェイス(Hammerface)

 

その名の通り顔がハンマーそのもので、このハンマーによる強力な一撃が武器。

 

現在はガントゥの基地に幽閉されている。

 

 

036  ポキ(Poki ?)

 

長い尻尾には鋭いとげがいくつも生えており、このトゲで穴をあけるのが得意

 

 

040 バックホー(Backhole ?)

 

クマのようなずんぐりした体と、モグラのような爪の生えた両手を持つ試作品。

 

その両手で穴を掘ることが得意。

 

 

044 フォーヘッド(Fourhead)

 

その名の通り4つの頭を持つ試作品

 

それぞれが歌を歌うカルテット(四重奏)が特技だが、一番左の頭だけなぜかしゃべるテンポがずれている

 

現在はハセガワさんの家に住んでいる。

 

 

047 ローライダー(Lowrider)

 

どこかで見たことのあるような気がする、水色のカモノハシの試作品。

 

身体がジャバラ状になっており、その伸縮自在の体で人のズボンを脱がす

 

 

051 ホッカー(Hocker ?)

 

巨大な鼻と狸のような尻尾が特徴の試作品。

 

強酸性の唾を吐く危険な奴。

 

現在はハセガワさんの家に住んでいる。

 

 

054 ファジー(Fudge ?)

 

身体が溶けたチョコレートでできた試作品で、自身から分泌されるチョコで人や物をべたべたにしてしまう。

 

身体がチョコでできているためチョコを食べると巨大化するが、甘い言葉をかけられると溶けてしまう。

 

名前の由来はおそらく「チョコレートファッジ」と思われる。

 

 

062 フレンチフライ(Frenchfry)

 

コック帽のような頭にフライ返しのような尻尾と、コックを連想させる外見の試作品。

 

元々はジャンバの専属シェフとして生み出され、食べずにはいられないほどのおいしい料理を作ることができる。

 

しかし彼の作る料理は脂肪がたっぷり含まれており、しかもいくら食べても満腹感を得られないためどんどん太ってしまう。

 

そうやって丸々肥えた人間を自分が食べていたが、栄養たっぷりのヘルシー料理の存在を知ってからは人間を食べなくなった

 

 

現在は、自分が作ったジャンクフード(0カロリーの豆腐フライ)ショップ「French fries」でシェフをしている。

 

因みに「フレンチフライ」とは日本語では「フライドポテト」という意味である。

 

 

074 ウェルコ(Welco ?)

 

ピンク色のバルーンドックのような姿の試作品。

 

ふわふわと浮かぶバルーンやシャボン玉を吐き出す能力を持つ。

 

シャボン玉は上に乗っても割れないほどの強度があるが、きっかり30分経つと割れてしまう。

 

 

077 ゾープ(Zoup ?)

 

眠たそうな目がかわいい試作品。

 

うるさいいびきが特徴で、止むことのないいびきで人をイライラさせる。

 

現在はハセガワさんの家に住んでいる。

 

 

089 スキップ(Skip)

 

頭に緑のスイッチがついており、これを押すと10年後にスキップすることができる。

 

押した回数×10年後まで行くことができる。(スキップした人は、現代からその時代までは行方不明扱いになる)

 

 

101~200

 

 

102 ストップゴー(Stopgo)

 

信号機のような外見の試作品。

 

再就職先はその見た目通り交差点の信号機

 

 

 

103 ステイメン(Staymen ?)

 

白い花のような形の耳が特徴の試作品。

 

虫の受粉を邪魔するのが得意。 あまり怖い気がしない。

 

 

 

110 スクイークSqueak

 

大きな黒い目が特徴の試作品。

 

おしゃべりが大好きものすごく早口でしゃべる

 

自身が満足するまでは絶対におしゃべりはやめない。 うざい。

 

名前の由来は、おそらくキーキー鳴るという意味の英単語「Squeakから。

 

 

111 マルチ(Multi)

 

下半身がローラー型の芝刈り機になっており、芝をさっぱりさせることが得意。

 

 

112 トゥーンズ(Toons)

 

口が細長いコピー機のような形の、ウーパールーパー型の試作品。

 

その特徴的な形の口から取り込んだ紙に描かれたものを実現することができる。 首周りのひれを回すと元に戻る

 

スティッチ!」では紙に描かれたものに変身できる

 

 

113 シュー(Shoe)

 

触覚の形が馬の蹄鉄を連想させる試作品。

 

一言で言うと疫病神のようなイトコで、近くにいるだけで運の悪い出来事を引き起こす厄介な奴。

 

触覚を上向きにすることで、逆に幸運が訪れる

 

現在はパターゴルフ場でゴルファーの運を左右してゲームを盛り上げているらしい。

 

 

名前のShoeは蹄鉄を意味する「Horseshoe」から来ており、「蹄鉄を持っていると幸運が訪れる」というおまじないが元ネタ。

 

 

120 スナフ(Snuff)

 

細い髪の毛のような触覚がいくつも生えている試作品。

 

この触角を使って素早く動き回り、相手の計画を邪魔するのが得意。

 

常に自分の優位な方につく日和見主義者で、敵味方の区別はない。

 

 

 

122 ドーキファイヤー(Don Qui Fire ?)

 

頭に牛の角がついた赤い犬のような試作品。

 

角から発射する光線を浴びると衣装がダサくなってしまい、脱ぐことができなくなる。

 

角を下向きにすると元に戻る

 

 

123 カルメン(Carmen)

 

頭にフルーツを乗せ、4本の腕にマラカスを持った試作品。

 

その情熱的な外見通り陽気な性格で、赤い球を破裂させることで周囲にいるものを強制的に踊らせる

 

カルメンと言えば、闘牛士の歌が有名なビゼー作曲のオペラだが、彼女(?)の場合はどちらかというとリオのカーニバルみたいな感じである。

 

 

128 バグビー(Bugbee)

 

4枚の翅が生えた芋虫のような姿の試作品。

 

尻から出す光線でいろんなものを虫に変える

 

人間を含めた生物が虫に変わった場合、虫の言葉がわかるようになる。

 

再就職先は果樹園。 石などを役に立つ益虫に変える仕事をしている。

 

 

 

133 PJ

 

常に鼻眼鏡をかけているユーモラスな顔が特徴の試作品。

 

いたずらの天才で、バラエティー番組やドッキリで使われるような壮大な仕掛けづくりを得意とする。

 

スティッチ!」ではスティッチに変装して登場。

 

もちろん某マザコン王子やマックスの親友とは何の関係もない。

 

再就職先はパイ投げに使うフレッシュパイ専門店の店員

 

 

 

134 シュレッダー(Shredder

 

緑の体に鋭い歯が特徴の試作品。

 

その名の通り、頭の後ろから入れた紙をシュレッドするのが得意。(シュレッドされた紙は口から出てくる)

 

現在はハセガワさんの家に住んでいる。

 

 

148 ウィーセル(Weasel)

 

リスのような姿の試作品。 能力は不明。

 

ちなみに名前の由来は(リスなのに)イタチという意味だと思われる。

 

 

151 ベイビー・ファイヤー(Baby Fire ?)

 

おしゃぶりをくわえたピンク色のドラゴンのような試作品。

 

ガラガラのような形の尻尾の先端からパウダーをふりまきそれに触れた大人を赤ちゃんに変えてしまう。

 

元に戻すには18~21年経つか特効薬が必要

 

スティッチ!」では赤ちゃんではなく子供に戻るよう改造された。(理由はハムスターヴィール曰く「赤ちゃんのお世話は面倒」とのこと)

 

再就職先は動物保護センター。 自身の能力で老犬を子犬に変え長生きさせている。

 

 

177 クリップ(Clip)

 

リボンをつけた、黄色い毛むくじゃらの試作品。

 

髪の毛が大好物で、元々長かったジャンバの髪の毛を食らいつくしたのもこいつである。

 

実はお気に入りの髪型にセットする能力もあり、スティッチ!」では髪形を変える能力に変更された。

 

再就職先は理髪店(カット専門)

 

 

199 ノウジー(Nosy)

 

その名の通り大きな鼻を持つ試作品。

 

他人に恥をかかせる目的で生み出され、小説や映画などの結末や、秘密などをばらすというどこぞの妖怪のような能力を持つ。

 

諜報活動(=スパイ)を得意とし、様々な方面から情報収集する。

 

ちなみに嘘はつけないらしい。

 

後にガントゥ基地に幽閉されたが、ウップスのミスでカプセルが割れ、解放される。

 

 

201~300

 

 

202 ジャム(Jam ?)

 

コウモリのような外見の試作品。 詳しい能力は不明。

 

 

204 ノーソックス(Nosox)

 

ドラム式洗濯機のような姿の試作品。

 

ソックス(=靴下)を隠してなくすという、地味な嫌がらせを行う。

 

現在はガントゥの基地に幽閉されている。

 

 

210 レトロ(Retro)

 

オレンジ色の、恐竜と哺乳類を合わせて2で割ったような外見の試作品。

 

長い舌で巻き付けたものを大昔の姿に戻す力を持つ。

 

舌に巻き付けた状態で尻を3回たたくと元に戻る

 

再就職先は動物園で、動物を自身の能力で先祖の姿に変えている。

 

 

214 ピクス(Pix)

 

まるでカメラの三脚のような長い脚を持つ試作品。

 

能力もカメラを連想させるもので、ひどい顔の写真を撮るのが得意。 ちなみに鼻にあたる部分がレンズになっている。

 

現在はハセガワさんの家に住んでいる。

 

 

220 ミリー(Milly ?)

 

10本の触手を持つ試作品。 詳細な能力は不明。

 

 

221 スパーキー(Sparky

 

黄色い体と長い触角を持つ試作品。

 

電気を体内に充電・放電したり、光のごとき高速移動が得意。

 

電気に関する能力を持つだけあって、電池が好物

 

おそらくエンジェルとルーベンの次くらいに有名なイトコと思われる。

 

再就職先は灯台で、放電能力で灯台を照らしている。

 

 

222 ポクシー(Poxy)

 

細菌、あるいはアメーバのような姿をしている試作品。

 

社会的権威のある人物に取りつき体から異臭を放ち、紫色のできものを発疹し、足がむくんで眼球がはれ上がり、げっぷがひっきりなしに出る病気にしてしまう。

 

ちなみに「ザ・シリーズ」において、記念すべき最初に登場したイトコでもある。

 

 

223 グリッチ(Glitch)

 

緑色のコンピューターウイルス型の試作品。

 

機械の中に入り込んで操作したり、調子を狂わせたりする。

 

ちなみに実体化もできる

 

最後はリロの持っているゲーム機の中にダウンロードされた。

 

 

225 マシー(Mashie ?)

 

ワニのような姿の試作品。 詳細な能力は不明。

 

 

227 バター(Butter ?)

 

象のような牙を持つ試作品。

 

象なのになぜバターなのかは不明。

 

 

228 メルティー(Melty)

 

赤いドラゴンのような外見の試作品。

 

口からなんでも溶かす高温の炎を吐き出す。

 

別のディズニー作品のあのドラゴンに外見がそっくりだが、気にしてはいけない。

 

 

再就職先はアルミニウム工場。 炎でアルミニウムを溶かし、それを加工しているのだろう。

 

 

234 シュシュ(Chouchou ?)

 

拡声器のような耳と、スピーカーのような尻尾を持つ試作品。

 

盗み聞きが特技。 頭をなでると盗み聞きをやめる

 

のちにコブラ・バブルスに引き取られ、現在はバージニアに住む知り合いのもとに住んでいる。

 

おそらく髪飾りのシュシュとは何の関係もないと思われる。

 

 

248 ベル(Bell)

 

その名の通りベルのような形の頭部が特徴の試作品。

 

高い叫び声を出す。 かなりトーンが高いため洞窟などの狭い空間ではかなり響く。 うるさい。

 

現在はリロの姉ナニの目覚ましとして働いて(?)いる。

 

 

249 スプリング(Spring)

 

その名の通り胴体がバネ状になっている試作品。

 

 

251 リンク(Link)

 

黄色い体に赤い目が特徴の試作品。

 

触角のような形のチューブから粘土を吹き出し気の合わない者同士をくっつける

 

この粘土は何をしても絶対取れることはない…と思いきや泥を使うと簡単に取れる

 

再就職先はバンジージャンプ。 仲の悪い2人をくっつけてジャンプさせるということでしょうか。

 

 

 

301~400

 

401~500

 

501~600

 

601~

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

ディズニーの動物キャラまとめ

 

 

kamesan555.hatenablog.com