スマブラSP 5人目の新ファイターを緊急予想!!

 

 

 

f:id:kamesan555:20170131130634p:plain

 

 

先週ポケモンダイレクトでシリーズ初の有料追加コンテンツが発表されました。

 

世界中でポケモン熱が再燃したわけですが、スイッチといえばもう1つキラーソフトがあることをお忘れではないでしょうか?

 

 

 

なんと、大乱闘スマッシュブラザーズSpecial」(スマブラSP)の5人目のDLCファイターの内容と使い方を明日1月16日の生放送にてディレクターの桜井さんが直々に発表することが判明!

 

 

 

 

今までのパターンであれば、ニンテンドーダイレクトなどでまず参戦ファイターを発表し、配信が近くなれば桜井さんが使い方を「直接!」解説するというパターンがほとんどでした。

 

 

しかし、新ファイターの発表をし、同時に使い方解説を行うパターンは初めて。 そのため使い方動画で初めて新ファイターが日の目を見ることになります。

 

 

…となれば、例のごとく新たに大乱闘の舞台に立つ挑戦者は誰なのか、世界中のゲーマーは気になっていることでしょうし予想もさらにヒートアップしていることは想像に難くありません。

 

 

というわけで私カメさんも今執筆している記事はとりあえず保留して、急遽スマブラSPの5人目のDLCファイターが誰なのか、自分なりに予想してみようと思います。

 

まあ予想というより自分の願望の方が大きいかもしれませんが、共感していただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ソラ(キングダムハーツシリーズ

 

まずはちょうど1年前に新作が発売されたキングダムハーツシリーズより、主人公のソラを候補に入れました。

 

ソラは日本のみならず世界中でスマブラ参戦候補の上位に食い込むほどの人気キャラクター。 クラウドのFFや勇者のDQと同じくスクウェア・エニックスが販売している人気RPGシリーズということで注目が集まっています。

 

キングダムハーツ自体はアクションRPGということで技として使えるアクションは豊富なのでその問題は無いのですが、問題は著作権

 

 

キングダムハーツシリーズのキャラクターは、著作権に厳しいことでも有名な天下のディズニーが版権を持っています。 そのため、使用許可を得るのは不可能とまではいかないまでもかなり困難を極めるレベル。

 

しかし、スマブラSP発売前に復活は絶望的と言われていたスネークも見事参戦までこぎつけましたし、なによりここまでファンの要望を叶え続けた桜井さんの手腕を信じて参戦を祈ろうと思います。

 

 

 

 

桜庭ネク(すばらしきこのせかい

 

スクエニつながりでもう1人、すばらしきこのせかいより主人公の桜庭ネクを候補に入れようと思います。

 

キャラクターデザインはキングダムハーツと同じく野村哲也さん。 DSの機能をフル活用したゲームシステムやペルソナのような歌付きBGMで話題を呼び、スマホアプリやスイッチ専用ソフトとしてリメイクされたこともあります。

 

 

知名度ではキングダムハーツに劣るかもしれませんが、今もなお根強い人気を誇るため参戦は十分あり得ると思います。 ソラと比較すれば版権問題もそこまで難しくなさそうですし。

 

 

余談ですが、ネクを含めたすばらしきこのせかいのキャラクターは、キングダムハーツ3D(Dream Drop Distance)にゲスト出演したことがあります。

 

 

 

 

 

クラッシュ(クラッシュ・バンディクーシリーズ)

 

続いてはクラッシュ・バンディクーシリーズの主人公クラッシュ

 

 

こちらもソラに匹敵するほど参戦要望の多い人気キャラ。 特にプレステにはまっていた人はもうおなじみのキャラクターではないでしょうか。

 

近年では初期3部作リメイクを1つのソフトに詰め込んだ「ぶっ飛び三段もり!」が発売されたので、最近の世代でもそれなりに知名度があるのではないでしょうか。

 

アクションはスピンアタック、箱投げ、シロクマの子どものポーラに乗る、りんごバズーカといった具合で少し乏しいですが、そこはスマブラオリジナル技でカバーすれば問題ないかと思います。

 

クラッシュシリーズはプレステ全盛期の90年代生まれを中心に人気なので、こちらも参戦の可能性は十分ありそうです。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ダンテ(デビルメイクライシリーズ)

 

色々な人の参戦予想を見て見ると、デビルメイクライのダンテが来てほしいという声もたまに見かけます。

 

 

デビルメイクライは、スマブラにも参戦したBAYONETTA」の神谷英樹さんが手がけたホラーアクションゲーム。

 

ディレクターが同じというだけあってスタイリッシュなアクションを売りにしており、BAYONETTAの中でもデビルメイクライを連想させる要素が隠されています。

 

 

そんなデビルメイクライの主人公ダンテは、人間と悪魔のハーフである伝説の魔剣士スパーダの血を受け継ぐデビルハンターで、母エヴァを殺した張本人であり、かつてスパーダが封印した魔帝ムンドゥスが復活することを知り彼が率いる悪魔の軍勢と戦う。

 

 

魔剣リベリオンや二丁拳銃エボニー&アイボリーなど様々な魔具や銃器を使いこなす器用さや、人並外れた怪力と魔力や強靭な肉体を武器として戦うため、スマブラとも相性抜群。

 

私の場合はシリーズは一切触ったことがないのですが、参戦予想が多いのでペルソナ5と同じく気になっていて、いつか遊んでみたいと思っているソフトの1つ。 スイッチで発売されないかな…

 

 

ただCEROがC(デビルメイクライ4)で過激な演出が多いので、よい子のCERO:Aであるスマブラに参戦するのであれば、それこそベヨネッタの時のようにいくつかのアクションはオミットされる可能性は覚悟しておく必要があるでしょう。

 

同じディレクターつながりでベヨネッタとの共演を期待します。

 

 

 

 

ガラル御三家(ポケモン剣盾)

 

続いては、DLC製作が発表されますます盛り上がりを見せているポケモン剣盾より、最初にもらえるポケモン(いわゆる御三家)の最終進化形であるゴリランダー、エースバーン、インテレオンのいずれかを候補に挙げたいと思います。

 

 

スマブラにはサンムーンよりガオガエンが参戦しており、スマブラより後に発売されたソフトのキャラでも参戦できるDLCのメリットを考えれば人気シリーズである新ポケモンを出す可能性も十分考えられると思います。

 

 

ポケモン大好きな私も是非とも参戦してほしいと思っていますが、一方で正直なことを言うと参戦する可能性は低めかなと予想しています。 というのも…

 

  • ゴリランダー→パワー系ということでガオガエンとかドンキーと被る
  • エースバーン→ほのおタイプの御三家はすでに2体も参戦しているからもういいかな…
  • インテレオン→タイプとキャラがゲッコウガと被る

 

っていう風に感じているので、参戦するかどうかは正直厳しいかと思います。

 

 

また最後の切りふだは十中八九キョダイマックスわざを使うだろうと予想していますので、もしそうならば参戦するにしても有料ダウンロードコンテンツ「鎧の孤島」配信後(2020年6月以降)になりそう。 そのため、新ファイター第5弾としての参戦は望み薄かなと思います。

 

 

まあでも参戦願望を捨てたわけではないので、「参戦してくれたら嬉しいかな」くらいの気持ちで頭の片隅に置いておこうと思います。

 

 

 

 

アグモンデジタルモンスターシリーズ)

 

続いてはモンスターつながりで、デジタルモンスターシリーズの顔ともいえるアグモンを参戦候補に入れようと思います。

 

 

デジモンは元々、「バトルできるたまごっち」をコンセプトにして開発された持ち歩き出来る液晶ゲームで、そこからデジモンを連れて冒険する今のようなデジモンのゲームソフトが誕生したといった感じです。

 

一応元ネタはゲームで、原作もアニメも国内外問わず人気のコンテンツなので参戦の可能性は高い部類に入ると思います。 今年は映画「デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆」も公開されますし。

 

 

ただ、デジモンといえば外せないのが「進化」。 特にアニメデジアドでは時と場合に応じて進化することができるため、これをどうスマブラのシステムに落とし込むかが課題になりそうですね。

 

 

私もちょっとデジモンをかじっただけの世代ですが、是非とも参戦してほしいと思います。

 

 

 

 

 

ホロウナイト(Hollow Knight)

 

ここからは、主にニンテンドースイッチで遊ぶことのできるインディーゲームから参戦するかもしれないキャラクターを挙げてみようと思います。

 

まず1つ目はホロウナイト。 滅びた虫の王国「ハロウネスト」を探索する、メトロイド悪魔城ドラキュラのようなゲームです。

 

 

ダークながらどこか美しい世界観やデフォルメされた可愛らしいキャラクターで人気を博したインディーゲームの1つ。

 

インディーとはいえ人気ゲームで、敵を倒すアクションがあるためスマブラにできる条件はそろっています。

 

ただ主人公は名前がないただの「The Knight」なので、スマブラに参戦する際は「ホロウナイト」、あるいは勇者の時のようにただの「ナイト」になりそうです。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

カップヘッド(Cuphead)

 

続いては「Cuphead」。

 

 

まるでディズニーやルーニーチューンズのような1930年代のカートゥーンの世界観で敵と戦うアクションシューティングゲームです。

 

昔懐かしい手描きセルアニメという独特の世界観と、それに似合わないまるでロックマン魂斗羅のような超高難易度のゲームということで話題を集めたことで数々の賞を獲得した、世界一有名なインディーゲームといっても過言ではありません。

 

そこまで世界中で人気を集めた有名インディーゲームですから、主人公カップヘッドのスマブラへの参戦もあり得るんじゃないでしょうか。 2P側主人公のマグマンもカラバリで参戦できそうです。

 

 

弾を撃って敵にダメージを与えるというゲームシステムなのでロックマンのような遠距離タイプのファイターになりそうですが、復帰技に使えそうなアクションがないのことが懸念材料。 そこをどうにかするかが参戦できるかどうかの分かれ目になりそうです。

 

 

 

 

ピーコック(Skullgirls)

 

最後は個人的な大穴枠として、「Skullgils(スカルガールズ)」のキャラクターの1人ピーコックを挙げたいと思います。

 

 

スカルガールズは、若い女性の願いを歪めた形で叶える呪われたアーティファクト「スカルハート」を狙う者達の戦いを描く2D格闘ゲーム

 

そんなスカルガールズの中でも人気キャラだと個人的に思っているピーコックをスマブラ参戦ファイター候補に入れました。

 

 

ピーコックはスカルハートの願いをかなえる代償に魔物となった「スカルガール」と戦うために生み出された改造人間で、アニメが大好きで血の気が多いが義理堅い一面も。

 

ピーコックがスカルガールズの主人公というわけではありませんが、ストーリーモードがもはや主役といっても過言ではないほどの活躍ぶりで結末が数少ないハッピーエンドということもあってかトップクラスの人気となっています。

 

私もスカルガールズのキャラの中ではピーコックは大好きですが、さきほどのカップヘッドと同じく復帰に使えそうなわざが見つからないのと、格ゲーキャラはもうテリーが出ているので参戦確率は低いかなと思います。

 

 

 

 

以上、スマブラSPの5人目のDLCファイターを予想してみました。

 

早いものでスマブラダウンロードコンテンツも5人目。 いったい誰が参戦するのかものすごくワクワクしながら待っています。

 

しかもこの発表後もまだまだ新ファイターは配信され、この5人目のファイター参戦発表もまだ通過点に過ぎないのが恐ろしいところです。

 

 

ともあれ、次は一体誰がスマブラの舞台に殴り込むのか、明日15日23時の生配信を首を長くして待ちたいと思います。

 

もちろん、これまでのファイターと同じく配信開始されたら何日か使ってみた後に感想記事を投稿する予定なのでこちらもお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

ファイアーエムブレム風花雪月より、主人公ベレト/ベレス参戦!!

 

 

 

 

 

私の中では風花雪月は来るかなくらいにしか思っておらず、4体連続他社枠から参戦したこともあってか正直想定外でした。

 

しかし、ガラル御三家のところでも述べたようにスマブラSP発売後のソフトでもDLCという形で参戦できることを考えれば、妥当というかまあ可能性は十分あり得た参戦とも言えるでしょう。

 

ただ、FEキャラは多く増えたこともあってか「またFEかよ」という声も(特に海外で)ちらほら見られました。

 

 

ともあれ、5人目のDLCファイターがFE新作からの参戦ということで、私はとても楽しみにしています。 早く動かしたい…

 

 

 

 

 

更に、上記の予想に挙げたカップヘッドがMiiコスチュームとして有料で配信されることも同時に発表されました。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

しかもこのカップヘッドのコスチュームには、キャグニー・カーネーションのテーマである「烈花の如く」が付属。 サンズの時と同様、ダウンロードすることで聞くことができるようになります。

 

 

Miiコスチュームという形とはいえカップヘッド参戦は嬉しいものです。 配信開始されたら速攻購入するつもりですw

 

 

サンズ、カップヘッドとインディーゲームは今のところMiiコスチュームとして参戦しているので、もしかするとホロウナイトもこっちに入るかもしれませんね。

 

 

 

 

更に更に、DLC第6~11弾の製作・配信されることが発表されました!! まじかよ…。

 

 

昨年9月のニンテンドーダイレクトで更なる新ファイターが参戦することは明かされていましたが、まさか6体も参戦するとは思ってもみませんでした。

こんなにファイターが増えるのはスマブラ大好きな私としてはとっても嬉しいですが、桜井さんが過労で倒れないか本当に不安になります…。

 

 

 

そしてここまでファイターが増えるということは、上記の候補の中から誰かが参戦する可能性はまだ残っていることになります。

 

 

ここから先、一体誰の元にスマブラの招待状が届くのか…? この先1年間は誰が参戦するかワクワクしながら待つ時間をまだまだ楽しめそうです。

 

 

 

 

 

スマブラSP 過去のDLCファイター使ってみた感想

 

 

 

早期購入特典 パックンフラワー

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

 

 

第1弾 ジョーカー

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

 

 

第2弾 勇者

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

 

 

第3弾 バンジョー&カズーイ

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

 

 

第4弾 テリー

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

 

 

第5弾 ベレト編

 

kamesan555.hatenablog.com