宇宙戦隊キュウレンジャー ジャークマターの設定&キーワードまとめ

 

f:id:kamesan555:20161228225558p:plain

 

どうも、明日のニチアサがいつも以上に楽しみなカメさんです。

 

先週はゴルフ中継でお休みだったので、なんだかすごく久しぶりな気がします。

 

 

今回はスーパー戦隊記事シリーズ恒例となりつつある、敵組織のまとめです。

 

今年の宇宙幕府ジャークマターは、覚えなければならないキーワードやら設定がいつもより多いように感じたので、怪人まとめに入る前にまずジャークマターに関する用語やらをまとめてみました

 

 

 

ジャークマターとは

 

宇宙幕府ジャークマターとは、宇宙戦隊キュウレンジャー」に登場する悪の組織

 

物語開始時点で地球を含めた宇宙のほとんどを支配下に置いている

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

ショーグン「ドン・アルマゲ」の指示の下、圧倒的な武力と恐怖政治で惑星の住民たちを虐げており、目的のためにはどんな犠牲もいとわない。

 

戦艦モライマーズで惑星を構成するエネルギー「プラネジューム」を採集している。

 

なんのためにプラネジュームを集めているかは現時点で不明。

 

ちなみにプラネジュームを吸いつくされた惑星は爆発し滅んでしまう。

 

 

モライマーズは1つの惑星につき1つ駐在しているが、地球だけはなぜかたくさんのプラネジュームが点在している。

 

 

宇宙「幕府」というだけあって和風テイストの宇宙人組織といった感じになっており、登場する怪人はUMAや怪奇現象、オーパーツなどのミステリー系モチーフになっている。

 

 

ショーグン

 

ジャークマターの頂点に立つ存在で、ドン・アルマゲがそれにあたる。

 

名前の由来は「将軍」から。

 

 

カロー

 

それぞれの星座系を支配している88人の大幹部。 これまでのシリーズの幹部怪人にあたる。

 

ドン・アルマゲ直属のエリート幹部というだけあって、キュウレンジャー全員が一丸となって立ち向かわないと歯が立たない強敵ぞろい。

 

 

第18話時点までで2体のカローが登場しているが、果たしてテレビ本編だけで何人登場するのだろうか…?

 

名前の由来は「家老」から。

 

 

ダイカーン

 

カローの指示のもと惑星を支配している幹部。 いわゆる今週の怪人である。

 

惑星を支配するダイカーンにはそれぞれモライマーズを与えられ、プラネジュームを採取しながら担当の惑星をそれぞれの方法で統治している。

 

プラネジュームさえ採取していれば基本何をしてもいいため、個人の好きな方法で住民たちを虐げている。

 

 

モライマーズが複数存在する地球ではそれぞれのエリアごとにモライマーズを立て、そこを拠点にダイカーンが支配している。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

キョダインロー

 

ダイカーン以上の地位を持つ者のみが持つことが許される印籠。

 

自身の地位を相手に見せつけるだけでなくモライマーズの遠隔操作機能もあり、持ち主が撃破されたときに巨大化させる「ヒカエオロー」を発動させることもできる。

 

 

元ネタは言わずもがな、時代劇の「水戸黄門」。

 

 

インダベー

 

戦闘訓練を受けた宇宙人が特殊なマスクと戦闘スーツを身に付けたジャークマターの戦闘員

 

ビームガンとしても使える短剣が武器で、数の暴力で惑星を蹂躙していく。

 

UMAモチーフはリトルグレイ

 

白い体に真っ黒な瞳と、おそらく多くの人が真っ先にイメージする宇宙人である。

 

 

ツヨインダベー

 

ジャークマターの上級戦闘員

 

強靭な肉体と戦闘能力を追求して生み出された疑似生命体で、杵のような形の棍棒(バズーカとしても使える)「バズーコン」が武器。

 

キョダインローのデータをインプットされた個体は巨大化も可能。

 

 

中には手柄を立てダイカーンに昇格したものも何体かいる。

 

UMAモチーフはフラットウッズモンスター

 

1952年、アメリカのウェストバージニア州フラットウッズにて目撃されたことからその名がつけられ、別名「3メートルの宇宙人」とも呼ばれる。

 

 

 

 

モライマーズ

 

ダイカーンが操縦する巨大戦艦。 その名の通りモアイ像のような形をしている。

 

自身が統治する惑星に突き刺すことでプラネジュームを採取できる。

 

「モライマーズロボ」に変形することができ、いざというときには最後の手段としてこの機能で戦闘を行う。

 

派生型としてカロー専用の「ビッグモライマーズ」もある。

 

 

やはりジャークマター関連の用語は結構多くて覚えるのが大変ですが、それだけ設定が深くて世界観が壮大ということですよね。

 

次回からはいよいよジャークマターのダイカーンやらカローやらをいろいろ紹介していく予定です。 お楽しみに!

 

 


 

 

 

 

 夏映画情報

 

kamesan555.hatenablog.com