仮面ライダーエグゼイド 第9話ネタバレ感想

 

f:id:kamesan555:20160120223732p:plain

プロトガシャットの力を得たグラファイトが暴れまわる!

 

かつての恩人を救うため、永夢は手術を担当するが…

 

 

 

焦る永夢と暴れるグラファイト

 

では今日は仮面ライダーエグゼイド第9話「Dragonをぶっとばせ!」の感想を書いていきたいと思います。

 

今回のストーリーで私が特に印象に残ったキャラクターはグラファイトと宝生永夢

 

グラファイト前回プロトドラゴナイトハンターガシャットを盗み、この力で大幅なパワーアップを果たしました。

 

身体は漆黒に染まり、ガシャットの力でバグスターウイルスを散布する能力を得ました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

仮面ライダーたちを圧倒し(まあ彼らがレベル3に変身できないというのもあるかもしれないが)、さらに人の集まる都心部でウイルスをばらまくことで、パニックを起こしバグスターの同志を増やそうとし、いよいよグラファイトの逆襲が始まろうとしていました。

 

しかし同時にそれは、「のちにパワーアップしたライダーたちに倒される」という死亡フラグを立てたことを意味していた…。

 

 

ちなみにグラファイトがプロトガシャットをネコババすることは檀黎斗とパラドにとっては想定外どころか計画のうちだったようで、彼の活躍によりドラゴナイトハンターのデータを収集できればとりあえず計画の第1段階は終了とのこと。

 

この発言もグラファイト死亡フラグに拍車をかけているように感じますが、果たして次回でグラファイトのHPは残っているのかそれとも…?

 

 

一方の宝生永夢

 

グラファイトの暗躍により、衛生省の幹部で16年前永夢の命を救った手術の執刀医となった日向恭太郎がバグスターウイルスに感染してしまう。

 

自身にとって命の恩人である恭太郎を救いたいという思いが燃え上がるが、それがかえって障害となってしまう。

 

自分1人でゲーム病を治したいという気持ちだけが先走り、飛彩とも衝突しドラゴナイトハンターも攻略できず暴走してしまう。

 

 

いつもどこかで永夢の未熟な部分が目立つエグゼイドですが、今回はとりわけ私情を最優先しまくりな印象を受けました。

 

 

 

とある医者(ドクター)の翼竜狩騎士(ドラゴナイトハンター)

 

10個のゲームの最後の1つである「ドラゴナイトハンターZ

 

このゲームは4人協力プレイを前提に開発している高難度の狩猟ゲーム。 グラファイトの出自でもあります。

 

 

元ネタになったと思われるモンスターハンター」シリーズ(略してモンハン)も、オンラインによる多人数プレイが売りになっていますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

協力プレイが前提であるためたとえ天才ゲーマーである永夢であっても1人ではその力を制御できない。

 

 

複数プレイでしか使えないのに1人で使ってしまったのも、エムの気持ちの焦りから来た失態と言えるでしょう。

 

 

この協力プレイゲームを攻略しグラファイトを撃破するにはゲンムを除く4人のライダーが協力体制をとることが必要不可欠

 

しかしこれまでの活躍を見る限り、良くも悪くも曲者ぞろいの彼らの足並みをそろえるのは並大抵のことではない

 

グラファイトを倒す」という共通の目的を達成するために一時的に協力する形を取ればどうにかなりそうですが…果たしてどうなる?

 

 

16年前と適合手術と命の恩人

 

一方の九条貴利矢は前回に引き続き永夢らに絡むことなく単独行動を続けていた。

 

 

檀黎斗の口から「宝生永夢は適合手術を受けていないのに仮面ライダーに変身していない」という衝撃の事実を聞かされ、その謎を探るために貴利矢は恭太郎のもとを訪れていた。

 

何度も語られているように、宝生永夢が生涯手術を受けたのは16年前のあの手術のみ。 その手術の執刀医である恭太郎なら何か知っているだろうと踏んだのだ。

 

 

彼のカルテを見て何かに気付いたのか、恭太郎を「(永夢の)命の恩人じゃないでしょ?」とうそぶく貴利矢。

 

普通に考えれば16年前の手術が奇しくも適合手術だったと考えるのが妥当ですが果たして…?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

序盤なのに永夢とガシャットの謎が徐々に明らかになり、幹部の1人であるグラファイトとの最終決戦の時が迫りつつある仮面ライダーエグゼイド」。

 

歴代シリーズで見れば展開はかなりハイペースで、最初からこんなに飛ばして視聴者としては飽きずに見れて楽しいですが、飛ばしすぎて放送開始時とは全く違う作風にならないかと若干不安が残ります。 年明けには一体どのような展開を用意しているのでしょうか?

 

 

次回、いよいよグラファイトとの最後の決戦!?

 

4人のドクターたちは心を1つにし、この狩りを成功させることができるのか?

 

See you Next Game !

 

 

第8話感想

 

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

第10話感想