ワンピース82巻読んだ感想 四皇とジェルマ66とポーネグリフ

 

f:id:kamesan555:20150813184125p:plain

どうも、ワンピース映画を見るかどうか迷っているカメさんです。

 

見に行きたいのは山々なんですが、スケジュールとお金にあまり余裕がないのでもしかすると見れないかもしれません。

 

 

それはそうと、昨日ワンピース最新巻82巻をゲットしました。

 

今回は82巻で明らかになったこととか仮説とかをぎこちないながらも語っていきたいと思います。

 

※この先ネタバレ注意!!

 

 

 

 

 

 

光月家とロードポーネグリ

 

まず最初に語るべきは、82巻で初登場した光月家とロード歴史の本文(ポーネグリフ)です。

 

 

ロード歴史の本文とは、今までのものと違い赤い色をしている碑文です。

 

しかも、この歴史の本文、偉大なる航路の最終地点『ラフテル』への航路を示すものという特別な石。

 

 

ロード歴史の本文は世界に4つ存在するとされ、4つに書かれた文章をもとに4つの点が交わる場所にラフテルがあるとされています。

 

1つがルフィらが見たモコモ公国のクジラの木の中に隠されたもの。

 

2つは四皇百獣のカイドウとビッグマムの海賊船にそれぞれロード歴史の本文があるとされています。

 

しかし最後の1つは不明。 いずれ作中で明かされるでしょうが一体どこにあるのでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

これはあくまで仮説ですが、ドフラミンゴがマリージョアの「重大な国宝」のことを話していたのを覚えていらっしゃるでしょうか?

 

 

この国宝が、ロード歴史の本文の最後の1つなのでは?というのが私の仮説です。

 

聖地マリージョアならこういうひとつなぎの大秘宝関連の情報を隠している可能性は十分にありそうですしね。

 

 

そして歴史の本文関連で、こんな衝撃の事実が明らかになりました。

 

ワノ国の「光月家」は800年前より歴史の本文に古代文字を刻み続けた石工の一族で、モモの助はその跡取りでした。

 

さらにモモの助の父「光月おでん」海賊王ゴール・D・ロジャーのクルーとなりラフテルにたどり着いたことで世界の秘密を知りワノ国の将軍と、彼と手を組んだカイドウによって殺されてしまったのだった。

 

 

彼らの遺志を継いだ錦えもん、カン十郎、そして息子のモモの助は義兄弟の契りを結んだミンク族に助けを求める道中で、麦わらの一味と出会います。

 

カイドウと将軍を倒しワノ国を開国するため、ロード歴史の本文の文章を手に入れるため、そして憎き敵を討つため麦わらの一味はワノ国の侍とミンク族と同盟を組んだ

 

 

なぜモモの助がドフラミンゴなどの大物に狙われるのか、その理由がここで明らかになったわけですが、まさか世界の秘密に大きくかかわる人物だったとは…

 

 

激突!四皇

 

とはいえ、このまま打倒カイドウとワノ国に向かうわけにもいかない。

 

まずはシャーロット家の娘への結婚式へと行ってしまったサンジ奪還のためにホールケーキアイランドへと向かわなければならない。

 

 

そこで、「サンジ奪還チーム」(ルフィ、ナミ、チョッパー、ブルック、ぺコムズ、ペドロ、そしてキャロット)「ワノ国チーム」(錦えもん、ゾロ、トラ男ほか)「マルコ捜索チーム」(ネコマムシの旦那ほか)「ゾウ居残りチーム」(イヌアラシ公爵、モモの助、三銃士ほか)の4チームに分かれて行動することに。

 

 

サンジを連れ戻すためゾウを出港したルフィらはビッグマムの縄張りに入る

 

そこは34の島々が点在し、あらゆる種族が差別なく共存する夢の国「万国」(トットランド)だった。

 

ああなるほど、だからビッグマム海賊団はいろんな種族の乗組員がいるんですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

一方のカイドウは、最悪の世代のルーキー2人にスマイル工場を破壊され激怒していた。

 

そこには傷つき投獄されたキッドの姿が…。

 

さすがのキッドも、四皇の一角を担うカイドウにはかなわなかったか。

 

 

それから、アプーが電伝虫でカイドウと会話するシーンがありましたが、まさかアプーはキッドらを裏切りカイドウの傘下についたのでしょうか?

 

 

ジェルマ66&ビッグマム海賊団

 

万国に所属する島の1つ「カカオ島」ショコラタウンにてプリンという少女に出会う。

 

甘いお菓子を人に食べてもらうのが好きでとても優しい性格なのだが、実は彼女こそサンジが結婚することになっているシャーロット家35女「シャーロット・プリン」だったのだ。

 

 

見た目はビッグマム初登場回にちらっと登場した三つ目の少女に似ていますが、同一人物なのでしょうか…?

 

 

それからファイヤタンク海賊団のゴッティと結婚していたのはスリラーバーク編で登場した「求婚のローラ」…にそっくりな少女

 

ローラの母親は新世界の海賊だと言っていましたが、やはり大方の予想通りローラはビッグマムの娘の1人の可能性が高そうですね。

 

 

そしてビッグマムの縄張りへと航海中のルフィらの前に現れたのは「ジェルマ66(ダブルシックス)」の船

 

サンジの兄弟でジェルマ66の一員であるヨンジ(サンジの弟)とレイジュ(サンジの姉)と出会った一味はお互い慎重に動くよう釘を刺しその場を去っていった。

 

ジェルマ66の名前は、サンジも含めて数字から取られているようですね。 じゃあ長男はイチジで次男はニジなのか…?

 

 

化学兵器を駆使する一族であるから、能力者の可能性は低めですが、まだ彼らのすべてが明らかになったわけではないので今後の動向に期待ですね。

 

いずれ強大な敵の1人としてジェルマ66が登場するかも…?

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

まとめ

 

以上、ワンピース82巻を読んで思ったこと感じたことをいろいろ書いたわけですが、今回もとんでもない展開の連続でしたね。

 

 

もちろん81巻もサンジの衝撃の事実が明らかになって物語が大きく進展したのですが、82巻はそれ以上でしたね。

 

その分話がだんだん複雑化してストーリーが理解しづらいところも多々あったのですが、ルフィがいよいよ四皇の縄張りに潜入ということでこれからどうなるか楽しみですね。

 

 

81巻の感想

 

kamesan555.hatenablog.com