ワンピース81巻を読んだ感想 新たなる謎と仮説

 

f:id:kamesan555:20150813184125p:plain

どうも、ポケモンピカチュウピカチュウのなつき度がついにMAXに達したカメさんです。

 

これからタマムシジムに挑むので、なるべくピカチュウを活躍させたいと思います。

 

 

というわけで今回は、ワンピース81巻を読んだ感想と、そこから読み取れる謎と自分なりの仮説について語りたいと思います。

 

 

 

迫りくる2人の四皇

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

百獣海賊団

 

今回、百獣海賊団の3人の幹部「災害」の一人である「旱害(かんがい)のジャック」がゾウに上陸しました。

 

ジャックは動物系古代種の能力者(モデル:マンモス)で、しかも懸賞金10億ベリーというから驚き。

 

「彼が暴れた場所はまるで旱ばつが起こったかのように荒れ果ててしまう」という言葉からも、彼の実力のほどを知ることができます。

 

 

で、ジャックとその部下がなぜゾウに上陸したかというと、モコモ公国にいるとされているワノ国の忍者「雷ぞう」を捜すためであった。

 

雷ぞうがいないと知るやいなや怒り、彼らが暴れたことで町は壊滅状態、しかもとどめに使用したシーザー作の毒ガス兵器「KORO」によってみな瀕死の重体。

 

 

ついにカイドウの部下がコミックにも姿を現したわけですが、ここで私カメさんが気になったのが「雷ぞうを狙う目的」です。

 

ビッグマムもそうですが、なぜ彼らは執拗にワノ国の武人たちを狙うのでしょうか?

 

後述の「ミンク族と侍の関係」と何か関係がありそうですが…現時点ではまだ分かりませんね。

 

 

ビッグマム海賊団

 

ジャックが暴れ回った直後、同じく四皇であるビッグマム海賊団がゾウに到着。

 

ミンク族であるペコムズとビッグ・マムの傘下に入った最悪の世代の「カポネ・“ギャング”・ベッジ」がゾウに上陸した目的は「シーザー・クラウンの奪還」と「麦わらの一味の誰か」を連行することであった。

 

 

実はシーザーは過去、ビッグ・マムから研究依頼を受けていたのだが、その際に研究費をぼったくったことがあるため彼女から命を狙われていたのだった。

 

しかし壊滅状態のモコモ公国を救ったのが麦わらの一味だと知ると、ペコムズは一味のクルー連行は諦めた。

 

 

しかし、それを良しとしないベッジによって銃撃され、「シロシロの実」の能力により「ぐるわらの一味」とシーザーはベッジの体内へと入城(?)することに。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

サンジの素性

 

そこで明かされたサンジの素性。

 

彼は何と、「戦争屋」として名高い悪の軍隊「ジェルマ66(ダブルシックス)」のトップに立つ「ヴィンスモーク家」の三男であったのだ。

 

 

ビッグ・マムの目的は、ヴィンスモーク家の息子であるサンジと、彼女の娘である「プリン」を政略結婚させることであった。

 

 

2人の結婚が成立すればサンジは麦わらのクルーではなくなるため、ルフィはそれを全力で阻止しようとするが…。

 

 

それにしても、サンジの素性がこんな形で判明するとは思いませんでしたね。

 

しかも、殺し屋の一族だったとは…。

 

一体彼にどんな秘密が隠されているのでしょうか?

 

ここで私が注目したのは「ジェルマ66」という名前。

 

66と聞いてまず思い浮かぶのは、ホラー映画の「オーメンではないしょうか。

 

 

この映画で出てくる「666」の数字は、ヨハネの黙示録では終末の獣を現す数字とされており、これが元ネタとなるととんでもなく恐ろしい組織になりそうですね。

 

しかし「ジェルマ」については元ネタは分かりません。 強いて言うととにかく謎の多い人物「サン・ジェルマン伯爵」が関連しているのではないかと思いますが、まああまり期待しないでくださいw

 

 

また、サンジの許嫁(になる予定)のプリンについても謎だらけ。

 

 

私の仮説では、スリラーバーク編で登場した「求婚のローラ」がプリンなのではないかと予想しています。

 

まず第一に、ローラの母親は新世界で海賊をやっているため、もしその母親がビッグ・マムであればローラ=プリンも十分あり得ると思います。

 

 

更にローラは初登場時点で4,444回も破局しており、これがサンジとの結婚式につながっているのではと思います。

 

 

それ以外にも、ビッグ・マム初登場回に登場した三つ目の少女(名称不明)もプリンなのでは?と予想しています。

 

 

とはいえ、ビッグ・マムの娘は少なくとも35人も存在するため、まったくの新キャラとしてプリンが登場する可能性も無きにしも非ず。

 

 

なにはともあれ、サンジの結婚式の行方が、麦わらの一味のこれからの指針に大きく影響することは間違いないでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

侍とミンク族

 

そして81巻のラスト、錦えもん及びモモの助の所属する「光月家」とミンク族が義兄弟の契り(?)を結んでいたことが判明。

 

そして雷ぞうも、ミンク族がかくまっており無事だった。

 

 

そしてこの光月家やワノ国の武人を四皇の2人が狙っているだけあって何かとんでもない秘密を持っているっぽいですね。

 

 

もしかすると、ひとつなぎの大秘宝、あるいはDの意志に関する重大なカギを握っているとか…?

 

 

いろいろと気になることが多すぎて、次巻が楽しみすぎる!!

 

 

 本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

次回もガッチリミーナー!

 

 

ワンピース関連記事

 

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

kamesan555.hatenablog.com