読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『仮面ライダー1号』 ネタバレあり感想

f:id:kamesan555:20160128224230p:plain

昨日公開された映画『仮面ライダー1号』

 

仮面ライダー生誕45周年記念作品ということで、ファンの期待も大きいようですが、私カメさんも今日見てきましたので、今回はその感想を見ていきたいと思います。

 

 

※注意!! この記事には映画『仮面ライダー1号』のネタバレが含まれます。 未視聴の方はこの記事をご覧にならないことをお勧めします!!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤岡弘、さんかっこよすぎ

 

まず最初にこの映画の大きな特徴として、藤岡弘、さんが本郷猛/仮面ライダー1号役で出演する」ことが挙げられます。

 

ちょうど2年前の『仮面ライダー大戦』の時もそうでしたが、藤岡さん演じる本郷はとにかくかっこよく、前半はあまり変身せず生身でショッカーの怪人と戦っていました。

 

やはり人類の歴史上初めて仮面ライダーになった男ということで貫録があり、威圧感や覇気が半端なく伝わってきました。

 

 

しかしおやっさんこと立花藤兵衛の孫娘である「立花麻由」と3回分の誕生日を過ごす際は、多くの方が抱く厳格なイメージとは真逆の、優しい笑顔を見せる本郷を見ることができました。

 

あまりのかっこよさのためかスクリーンに本郷が映ったり、叫ぶたびに一人心の中で叫びまくってましたw

 

ショッカーと熱い戦いを繰り広げたりタケルと命について語り合ったり、真由と楽しい日々を過ごしたりといろんな本郷さんを見ることができました。

 

 

そして、炎の中から奇跡の復活を果たし変身する1号の姿は圧巻の一言。

 

平成ライダーに疎い人でも、本郷猛を眺めているだけでも十分楽しめるのではと思います。

 

 

 

命とは何か?

 

今回はいつもの春映画と違い歴代ライダーは登場せず、パワーアップした1号とゴースト・スペクターの戦いが描かれていました。

 

 

鎧武の時と同じように、後輩ライダーであるゴーストに「命が大切な理由とは?」について語り合っていました。

 

今まで他人の命を救いつつ自身が生き返るために仮面ライダーゴーストとなって戦っていましたが、「命はなぜ大切なのか?」と本郷に聞かれても、当初は明確な答えを出せずにいました。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

しかしショッカーとノバショッカーとの戦いを経て、「命とは、仲間たちと自身の思いをつなぐためにある」という答えを得ました。

 

 

本郷猛の新たなる戦いを描きつつも、ゴーストのメインテーマである「命」にも深く関わっている、とてもうまくできたストーリー構成だと感じました。

 

 

今回の映画はエピソードメインでバトルはどちらかというと控えめな印象でしたが、クライマックスでも特別映像でゲットした平成ライダー眼魂で変身したり、変身したライダーのbgmが流れたりとかなり見ごたえがありました。

 

 

暗躍する2つのショッカー

 

そして、仮面ライダー1号と言えば忘れてはならないのは秘密結社「ショッカー」

 

今回のショッカーは、大幹部「地獄大使」の復活のカギを握る立花麻由を狙うために暗躍します。

 

 

地獄大使が眠りにつく直前、謎の男によりアレクサンダー大王」の眼魂を手渡され、それを麻由に憑依させて3年間かけて眼魂を覚醒させるのがショッカーの目的だった。

 

 

 

しかし、今回の映画にはもう1つのショッカー、その名も「ノバショッカー」が登場します。

 

ノバショッカーは、ショッカーのやり方に嫌気がさし、新たなやり方で世界を制するべく結成された新たなショッカーで、新エネルギーを取り扱う大企業として経済界を掌握しようとたくらむ。

 

 

しかし彼らもまたアレクサンダー眼魂の力を狙っており、スパイとしてショッカーに潜入していたガニコウモルが密告したことで、ショッカーがあと一歩でアイコンを覚醒させるというところで奪われてしまう。

 

ノバショッカーのリーダーであるウルガがその力を取り込むことでパワーアップ、最強最悪の敵として仮面ライダーとショッカーに襲い掛かる。

 

 

もはやなすすべなくなったショッカーであったが、ここで地獄大使は思わぬ行動をとる。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

なんと、自分の敵であるはずの仮面ライダーとの共闘を持ちかけたのだ。

 

もちろん完全に味方になったわけではなく、あくまで共通の敵を撃破するための一時的な共闘なのですが、自身のプライドを捨て仮面ライダーと共に戦う姿は本郷同様にしびれましたね。

 

やはり45年間戦っているが故の、ライバルとしての絆が芽生えていたのかもしれませんね。

 

 

まとめ

 

以上、『仮面ライダー1号』を見てみての感想をいろいろ書いてみました。

 

1回しか見ていないので内容は結構グダグダでしたが、簡単にまとめますと

 

 

藤岡弘、さん演じる本郷猛がかっこいい

 

1号とゴーストの両方のテーマが同時進行で描かれる

 

ファンを歓喜させるいろんな仕掛け(曲とか効果音とか)がたくさん

 

 

なので、初代仮面ライダーを子どものころに見ていた人も、今仮面ライダーゴーストを見ている世代にも楽しめる作品になっていると思います。

 

 

私は仮面ライダーは平成から見始めた者ですが、仮面ライダーの基礎を作り出した本郷猛の活躍を見るとテンションが上がりっぱなしで、ラストシーンの仮面ライダーは、いつも君のそばにいる』のメッセージで泣きそうになりました。

 

 

個人的にスーパーヒーローイヤー、そして仮面ライダー生誕45周年にふさわしい超大作なので、今見ないと損ですよ! 見ていない方は是非劇場へ!

 

 

 本日も最後まで最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

次回も本能覚醒でバッチリミナー!

 

 

他のライダー映画感想記事

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

kamesan555.hatenablog.com