読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仮面ライダーゴースト 第21話感想

f:id:kamesan555:20160117222152p:plain

眼魔の世界へ行く方法を模索するタケル。

 

そんな中、大帝一家に大きな変化が…。

 

 

 

アドニスの理想とアデルの野望

 

今回は大帝アドニスとその一家が揃い、彼が自身の理想である「哀しみも苦しみもない完璧な世界」を実現することを決意しました。

 

冒頭のシーンを見て思ったのですが、アドニスとその一家は元々は人間だった可能性があるのでは?と思います。

 

過去の作品でも「自身の野望を達成するために人間をやめ怪人軍団を組織した」という者たちがたくさん登場したため、もしかするとアドニスもそのパターンにはまる…かもしれないと思ったわけです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

「最近今は亡き妻の夢を見る」とも言っていたため、いつぞやの白魔さんのように妻の死がきっかけで眼魔の力に手を出した(あるいは眼魔の力そのものを創造した?)とも考えられそうですね。

 

 

一方のアデルは、ジャベルを使い英雄の眼魂を狙ったり、イゴールを使ってデミアプロジェクトを進めたりと独自に計画を進めている様子。

 

更に自身が父の理想を実現を実現すべく様々な策を張り巡らせています。

 

父が弟のアランの前では柔和な態度に変えたり、彼が否定しているはずの「心」について語ったりしていたので不信感が募った、というか「父はもう当てにならないから私が支配してやる」と決意したのでしょうね。

 

 

しかしまあ、何でアドニスはアランをそんなに気にかけるのでしょうか…?

 

 

スペクターのけじめ

 

一方のライダーサイド。

 

前回、肉体が眼魔世界に残ったままという衝撃の事実が明かされたマコト兄ちゃん。

 

マコトはけじめをつけるべく、単身眼魔の世界へと乗り込む。

 

眼魔の世界へトリップする際、マコトも以前のカノンと同じく眼魂であったことが明かされます。

 

以前タケルが偶然眼魔の世界に飛ばされた際、「ここは人間の住める世界ではない」と言っていましたが、この世界でマコトとカノンは一度命を落とし、そのことを哀しんだアリアが魂を眼魂に封じ込め仮初の命をもらったのではと推測しています。

 

しかしマコトがゴーストドライバーを手に入れた経緯については不明のまま。

 

イーディスと仙人が同一人物であれば、彼の差し金である可能性も否めませんが…。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

そんなマコトが気がかりなタケルは、どうにかして眼魔の世界へと行こうとします。

 

まさに生前のエジソンのごとく、何度失敗しても諦めず、アカリや御成、それから画材眼魔改めキュビちゃんと力を合わせ、手を変え品を変えさまざまな方法を試し、エジソンから得たヒントから「自分の気持ちに正直になる」ことでついにタケルも眼魔の世界へと飛ぶことに成功する。

 

眼魔との戦い(後述)で英雄アイコンをすべて失ったタケル、果たしてこのピンチをどう乗り越える?

 

 

今週の眼魔

 

今週登場した眼魔は「甲冑(かっちゅう)眼魔」

 

7~8話に登場したインセクト眼魔以来の女性型の眼魔です。

 

 

西洋風の剣から生み出された眼魔怪人で、イゴールの命でタケルとマコトの持つ英雄アイコンを狙う。

 

騎士道精神を重んじ、弱い立場の女子供は決して狙わないというポリシーを持つという、キュビちゃん同様怪人でありながら人間らしい一面を持つ。

 

 

しかし個人的な感情を持つこの眼魔はイゴールは気に入らず、無理やり洗脳しその後は無差別に人間を襲撃するようになり、さらに人間の魂を人質にしてタケルの持つ英雄アイコンをすべて奪い取りました。

 

その後はゴーストとの戦いで正気に戻り、自身の行為を詫びたうえで魂を全て開放し、「いずれ正々堂々決着をつける」と言い残し去って行きました。

 

この甲冑眼魔の声、どこかで聞き覚えのある声だなあと思ったら、声を当てていたのは幸田直子さん

 

幸田さんと言えば、仮面ライダーW』にて中盤~終盤にかけてのキーキャラクターであるシュラウドを演じたことでも有名。

 

改めて聞いてみると、確かにシュラウドでしたw

 

 

ちなみにアリア役のかなでなれおんさんも、Wの登場する「MOVIE大戦CORE」にて小森絵漣/バット・ドーパント役で出演したことがあります。

 

 

タケルはこの甲冑眼魔にも何か違うものを感じているようで、仲間になれるのではないかと思っているようだが果たして?

 

彼の性格からして、友達というよりはよきライバルになりそうな気がしますが…こちらも要注目ですね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

以上、仮面ライダーゴースト21話の感想でした。

 

マコト兄ちゃんの肉体が保存されていたり、タケルが眼魔の世界に殴り込みしたりと、アデルが下剋上をたくらんでいたりと、某特命戦隊のような展開が繰り広げられていますが、ここで物語が転換点を迎えるのは間違いないでしょうね。

 

 

おもちゃサイト「ゴーストウェブ」ではもう次の中間フォームの情報がちらっと明かされますし…。

 

正直なことを言うと、最近はちょっと微妙な回が多かったのですが、マコト兄ちゃんの復活くらいでようやく面白くなってきた、という印象でしょうか。というかむしろ、ジュウオウジャーが面白すぎるせいかも?

 

次回、アデルの謀略により人間の世界でも眼魔の世界でもとんでもないことが起こる予感…? 楽しみですね。

 

 

次回、眼魔の世界にてタケルとマコトが孤軍奮闘!

 

そんな中明かされたアランのとんでもない秘密とは一体?

 

 

次回もバッチリミナー!

 

 

 

他の仮面ライダーゴースト記事はこちら

 

kamesan555.hatenablog.com

 

 

kamesan555.hatenablog.com