仮面ライダーゴースト 第9話感想

 

f:id:kamesan555:20151211233055p:plain

最後の15個目の眼魂がついに出現!

 

タケルが10年前の事件の真相に迫る!

 

 

 

 

 新たなる敵

 

まずは初登場した新キャラ、ジャベルについて語りたいと思います。

 

「大帝陛下」なる人物の命令で、眼魔の世界からこちらの世界にやって来た男で、大帝陛下の息子であるアランの作戦のサポートをするとのこと。

 

まっくろな軍服を身にまとった男で、マコトでさえも圧倒する実力を持ち次回予告ではアイコンらしきもので変身するシーンもありました。

 

 

演じるのは『獣拳戦隊ゲキレンジャー』で久津ケン/ゲキチョッパーを演じた聡太郎さん!

 

天空寺龍役にイエローライオンの西村和彦さんが抜擢されたのもびっくりでしたが、まさか仮面ライダーに戦隊OBが2人も出演するとは…もっとびっくりしましたね。

 

 

とんでもない強敵の登場に、タケルたちはどう立ち向かうのか?

 

 

変わってしまったマコト

 

そして今回で、仮面ライダースペクターこと深海マコトにちょっとした変化が訪れる。

 

というか、すでに変わってしまったのかもしれませんが…。

 

 

最愛の妹カノン、幼馴染の天空寺タケル、そして自分を「友」と呼ぶアランでさえも「変わった」と言われるマコト。

 

 

そしてマコト自身も、放送開始前はクールキャラと言われた彼はどこへやら。自身のことを触れられると激情してしまうシスコン情緒不安定なキャラに。

 

視聴者の中にも、「スペクター、変わったよね…。」と思った人も中に入るかもしれない。(かく言う私カメさんもその1人です)

 

 

ところで、マコトとアランは互いに友達のような関係ですが、これについて思いついたことを1つ。

 

マコトとアランは眼魔の世界で出会ったのではないか、ということです。

 

今回の話でアランが、大帝陛下の息子であることが明かされ、彼が眼魔の世界出身であることが示唆されましたので、可能性は十分あると思います。

 

妹のカノンがアランについて知っているかは定かではありませんが、カノンは眼魔の世界で何者か(ジャベル、あるいは大帝陛下?)に命を奪われ、おっちゃんに頼んでその魂を眼魔眼魂に憑依させた、とも考えられそうですね。

 

 

 

今回の眼魔と偉人

 

今回の眼魔は「青竜刀眼魔」

 

第3話以来の武器モチーフの眼魔ですね。

 

15個目の眼魂を手に入れるために西園寺が生み出した眼魔。

 

薙刀に似た斬撃武器で攻撃するほか、髭部分の竜も武器として扱う強敵。

 

CVはデカレンジャーデカマスターでおなじみの稲田徹さん!!

 

前回のインセクト眼魔に続きまたもやベテラン声優、しかもニチアサになじみのある声優さんが眼魔の声をあててましたね。

 

 

偉人モチーフは具体的には分かりませんが、三国志関係の可能性は高そうです。

 

高そうですが、そのせいかどっからどう見ても龍玄にしか見えませんw

 

しかも稲田さんも戦隊シリーズのOB

 

1つの話に戦隊ヒーロー経験者3人が登場するとは…。今回は戦隊OB祭りですねw

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

そして久しぶりに登場したおっちゃん曰く、今回の偉人のヒントは「彼は1000本の武器を集める誓いを立てていた」

 

そう、みなさんおなじみ武蔵坊弁慶です。

 

 

 

弁慶で有名な話といえば、五条大橋(諸説あり)での「牛若丸」(のちの源義経)とのエピソードではないでしょうか。

 

1000振りの太刀を奪うと誓いを立てた弁慶は、並み居る強豪をなぎ倒し、順調に999振りまで太刀を集めます。

 

あと1振りと迫ったところで、笛を吹きながらそこを歩く牛若丸に出会います。

 

彼の持つ立派な太刀を見た弁慶は彼に挑みかかるが、彼の身軽さに翻弄され、ついに敗北。

 

以後、弁慶は義経の忠臣となり生涯尽くしていくことになります。

 

 

かつて天空寺龍や西園寺主税の研究仲間だった五十嵐博士は、弁慶の遺品を持っており、彼の弁慶に対する思いに共鳴し最後の眼魂である「ベンケイゴーストアイコン」が生成されました。

 

 

ベンケイ魂の変身音は「兄貴!ムキムキ! 仁王立ち!」

 

「仁王立ち」とは、義経を守るために無数の矢の雨を受け、立ったまま亡くなったという、いわゆる「弁慶の立往生」から来ていると思われます。

 

 

3人の研究員たち

 

弁慶の眼魂を生み出すきっかけを作った五十嵐博士は、かつて天空寺龍や西園寺とともにモノリスの研究を進めていました。

 

偏屈で人付き合いはあまりよくなかったと言われていたが、龍との電話だけは出たらしく、西園寺とは対照的に友人としても龍との仲が良かったように見えます。

 

しかし今から10年前、そう、深海兄妹が行方不明となった10年前に消息を絶ってしまう。

 

やはり幼き兄弟が犠牲になってしまったことに、罪悪感を感じているのでしょうか?

 

そして龍の死の謎とどのような関係があるのでしょうか?

 

 

10年前のあの事件以来、モノリスを使った実験の真相を話すのを拒んでいたが、タケルが父龍と似たようなものを感じ、真相を話すことを決心するも、その直後にタケルをかばい青竜刀眼魔に斬られてしまう。

 

タケルに全てを託すその誠実な思いからベンケイゴーストが生まれたわけですが、これも西園寺の計画の内だったようで…。

 

 

西園寺主税は五十嵐、そして竜の力を借りることなく15個の眼魂の力で何かを成し遂げようとしていますが、それは一体何なのでしょうか?

 

そして、アランとジャベルの、目の紋章を開く計画も着々と進行している様子。こちらの動向も気になりますね。

 

 

今回はタケル、スペクター、アラン、そして西園寺とそれぞれの思惑が交錯した回でしたね。

 

15個の眼魂もすべて出現し、次回で物語は大きな転換期を迎えるのは間違いなさそうですね。

 

 

マコトを救いたいが、自身も生き返らなければならないタケル。

 

果たしてタケルの決断はいかに?

 

話の流れからして近いうちにマコトが改心してタケル側に付きそうな気がしなくもないですが…そこも気になりますね。

 

 

次回、いよいよ15個の眼魂が揃う時!

 

全ての眼魂を手に入れ、望みをかなえるのは果たして誰だ!?

 

 

現在、ゴーストとスペクターが使える眼魂をCHECK!!

 

ゴースト:6個(ムサシ、ロビンフッドニュートン、ベートーベン、ビリーザキッド、ベンケイ)

 

スペクター:4個(ノブナガ、ツタンカーメンエジソン、???)

 

西園寺:5個(???)