ONE PIECE カイドウお披露目記念! 四皇をまとめてみた

実はONE PIECEも大好きなカメさん。ちなみにコミック派なのですか、風の知らせで、ジャンプ最新号にてついに「百獣のカイドウ」がその姿を現したという情報をゲットしました。

 

というわけで今回は、現在新世界を牛耳る4人の海賊、四皇についてかなりざっくりですが解説していきたいと思います。

 

 

※先ほど言ったように、私はコミック派です。コミックス未収録の作品の内容は一部しか知らないのでところどころ違う点が多いかもしれません。あらかじめご了承ください。

 

 

 

カイドウ

 

まずは今最も注目されている海賊、「百獣のカイドウ」から。

 

この世における「最強生物」動物系能力者だから?)と呼ばれているだけあって、かつてのゲッコー・モリアを圧倒するほどの実力者。

 

そして「話し合いの通じる男じゃない」と呼ばれるほど気性の荒い性格で、闇のブローカーことドンキホーテ・ドフラミンゴですら恐れる人物

 

シーザーの開発した人造動物系悪魔の実「SMILE」をドフラミンゴを通じて購入し、最強最悪の能力者軍団を率いている。

 

 

自身が最強生物であるためかどんなことをされても死なず、「自殺」が趣味と称するほど。

 

死の恐怖を実感できないことに絶望し、退屈なこの世界を破壊するための戦いの前準備として、SMILEによる能力者軍団を組織する麦わらとローの海賊同盟により工場を潰されてしまい、怒りの矛先をドフラミンゴに向ける。

 

 

 

シャーロット・リンリン

 

新世界「ホールケーキアイランド」に拠点を構える、四皇で唯一の女海賊。通称「ビッグ・マム」

 

甘いお菓子が大好きで、お菓子をくれない者はたとえ国1つでも容赦なく滅ぼす

 

魚人島では白ひげ亡き後、ビジネスの一環として彼女の海賊旗を貸す代わりに多量のお菓子を収めさせることで海賊の襲撃から守っていた。

 

しかし、ホーディー率いる新魚人海賊団の襲撃によりお菓子工場を破壊され、お菓子が作れなくなったことで魚人島を滅ぼそうとするが、ルフィの宣戦布告により標的を麦わらの一味に変更した。

 

ドレスローザ編では、サニー号の前にビッグ・マムの海賊船(なぜか船首が歌っている)が登場。

 

一部のファンの間ではスリラーバーク編に登場した「求婚のローラ」の母親ではないかという噂がある。(ローラの母親も新世界の海賊である)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンクス

 

皆さんおなじみ、赤髪のシャンクス。

 

ルフィに自身の麦わら帽子を授けた大恩人で、彼にとって最高の友だちであり目指すべき目標

 

五老星の言っていたように、自分で世界をどうこうしたいという野心を持っておらず、コビーとともにマリンフォード頂上決戦終結に大きく貢献した

 

王下七武海の1人であるジュラキュール・ミホークとは互いに戦い合った中で、偶然にも誕生日も同じである。(どちらも3月9日生まれ

 

 

本格的な戦闘シーンを披露していないため、どのようなスタイルで戦うのか、悪魔の実の能力者なのか、もしそうなのならどのような能力なのか、一切不明である。

 

 

 

 

 

 

 

マーシャル・D・ティーチ

 

黒ひげ海賊団船長。ルフィのラスボス候補の1人

 

悪魔の実の歴史上最も凶悪とされる「ヤミヤミの実」を手に入れるために白ひげ海賊団に入り、4番隊隊長サッチを殺害した

 

白ひげ脱退後は、インペルダウンの最凶最悪の囚人たちを解放するため七武海の座を得た。

 

戦争終結後、瞬く間に白ひげのナワバリを制圧し2年という短期間で四皇の座までのぼりつめた。

 

新世界に進出後は悪魔の実の能力を奪い取る「能力者狩り」に奮起しているらしい。

 

ドレスローザのコロシアムでは彼の部下バージェスがメラメラの実をゲットするため選手として出場していた。

 

元海軍大将のクザンとの関わりも読み取れるが果たして…?

 

 

 

 

カイドウの登場により、再び物語が大きく動き出す予感…?

 

今後の展開に期待しましょう!(といってもコミックしか読まないけどねw)

 

 

ではでは(^_^)/